ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

Social Club

以下、本組織をクラブ、会員をメンバーと記載する。
クラブは、ルールと実施細則によって運営される。

ルール

  1. クラブは、何らかの物品をオークションにかけ、メンバーが落札する
  2. オークションにかける物品は、メンバーが決定する
  3. 物品は、メンバーが所有するもの、もしくは、メンバーが所有していないものとする
  4. メンバーが所有しているものをメンバーが落札した場合、代金はメンバーが獲得する
  5. メンバーが所有していないものをメンバーが落札した場合、代金はクラブが獲得する
  6. メンバーがルールを破った場合の罰則は、死とする

実施細則

クラブでは、物品を現実に所有しているか否かを、区別しない。

「物品を現実に所有しているか否かを、区別しない」というのは、暫定的な取り扱いである。クラブの本来の形としては、現実に力を持ち、あらゆる物品を強制力を持って入手することができ、何らかの物品を所有したい人間はクラブに所属する必要があり、クラブに所属しない人間はなにも所有することはできないという世界である。この状態と現状とのギャップに対する解決策として、暫定的な対応を実施細則で取り決める。

クラブでは、メンバーが物品を落札した場合、債権が発生するが、支払いのタイミングは物品と引き換えとなる。従って、ヴェルサイユ宮殿を落札したメンバーはその時点では支払いをする必要はないが、クラブがヴェルサイユ宮殿を現実に入手した場合、引き渡しのタイミングで代金の支払いをする必要がある。

クラブでは、クラブが現実に所有していない物品をオークションにかけることが可能であるが、メンバーが現実に所有している物品を他のメンバーがオークションにかけることはできない。

メンバーが現実に所有していない物品に関して、メンバーが所有する物品とはつまりオークションで落札された商品であり、メンバーが所有していない物品とはつまりそれら以外のすべてである。

現実に所有していない物品に関して、現実における制限として、あるメンバーが落札し所有している物品を、他のメンバーを所有することができない。

前項より、クラブに所属しているメンバーは、所属しているというだけで、クラブで落札済みの他の物品を現実に保有する権利を失う。

オークションの物品を決定するメンバーは、メンバーの立候補により決め、立候補者が複数いる場合若しくは一人もいない場合は、くじによって決定する。

メンバーが所有する物品をオークションにかける場合は、最低落札価格を設定することができる。

メンバーがルールを破った場合の罰則は死であるが、クラブが現実に力を持つまでの暫定的な対応として、死も債権として取り扱う。

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。