ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

表現は触発によって拡大する

自分の使う言語を作ったのが自分ではないように、絵を描くという行為を作ったのが自分ではないように、それらを使って何かを表現するというのも、やはり自分だけで始まるものではない。表現は触発によって拡大する。自分が生まれたときに世界に存在した「表現」の総量と、今この瞬間の「表現」の総量は、まるで比較にならない。それは数百年前も同じで、古くは印刷技術の発達があり、現代では情報技術の発達があり、それらが直接会うだけではなく、直接書くだけではなく、印刷物だけではなく、(或いはいずれインターネットだけではなく、)表現に接触する機会を増やし、その結果触発によって表現が拡大する。

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。