ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

思考実験

ウイルスが人類の脅威であることはビル・ゲイツも言っているくらいで、明白である。また、古くはイギリスがアメリカ先住民に天然痘の付いた毛布を贈って感染させたことで有名な生物兵器は、戦術として、一般的に想定されるものである。生物兵器は、国際法で使用が禁止されているが、国際法はあまり順守されていないうえ、正規軍にしか適用されない。ウイルスは、わざわざ人為的に開発する必要はなく、既存のウイルスでも十分活用できる。

では何故一般的に実行されないかというと、自国や近隣の同盟国に被害をもたらすというのが大きい。

実質的に世界最強の国はアメリカ合衆国なのでアメリカを例とする。アメリカに害をもたらしたい国Bがあったとして、B国の移民も当然アメリカにはいるし、移民は一般的に差別を受けていたり、マイノリティであることが原因の不利益を受けていることが多いので、協力を得ることは困難ではない。海外に出てもらい、アメリカCDCのカテゴリAに属するような生物剤、例えばエボラに感染してもらい、潜伏期間中にアメリカに戻って公共交通機関や人の密集するイベントでまき散らして、祖国のために死んでもらうことは、核兵器を開発することに比べれば極めて容易である。

しかし、現代は国境を越えての移動が日常的にあるため、アメリカで例えばエボラのパンデミックが発生すると、B国やその同盟国にも必ず影響がある。ISILくらいアメリカと隔絶していて、国際社会との関係を無視できてもなかなか難しく、ロシア程度の関係性であれば、まず実行はできない。

実行条件としては、世界の多くの国が鎖国に近い状態になり、かつ、人の移動も完全に不可能ではないという状態である。この状況は、第二次世界大戦以降今まで一度も発生しなかった。戦争状態にある一部の国では発生することがあったが、経済活動も含めて、世界的に各国が鎖国に近い状態になることは、今までなかった。現代で、世界の主要な国を鎖国させることは、核兵器を使用するよりさらに難しい。

しかし、期せずして、SARS-CoV-2によるパンデミックで、EUですら移動禁止措置が行われる、第二次世界大戦以降いままでなかったレベルの鎖国状態になった。この状態であれば、例えば生物兵器を使用したとしても、ターゲットの国以外に影響が出る可能性が低い。エボラウイルスであれば、空気感染はしないが飛沫感染はするので、一緒にインフルエンザにも感染してもらえばくしゃみで感染を広げることができる。アメリカ人全員に感染させる必要は全くなくて、感染者が10人出て死亡者が8人出れば、アメリカの経済は死ぬし、テロとしては成功となる。もちろん、ターゲットはアメリカに限らない。日本には「~に親でも殺されたような」という表現があるが、国際的な紛争で親も子供も普通に殺された人はどこにでもいるので、宗教や国家に殉ずる人員はいくらでもいる。

主要国が鎖国の状態になることが実行条件となる何かは他にもあるだろうし、その実行条件が整ったことは100年近くなかったことを考えると、100年間実行されることは考えもしなかったことが実行される可能性が十分にあるし、私はそれを知りたいと思う。

アイテムについて - ゲームのルール - ゲームの箱 - W███████a

ゲームの箱

ゲームのルール

カードゲーム

アイテムについて

アイテムは、「それを得られるなら既定の確率で死んでも良いもの」であるため、発行したプレイヤーの個性が表現され、それがカードの価値となる。カードは一人のプレイヤーが一種類しか発行できず、発行後は永遠に残るため、通常はよく考えられて決定される。ゲーム開始初期は、単に欲しいもの記載するプレイヤーが多く、単に金額が記載されることも多かった。しかし、カードが多様化するにつれ、何らかの病気の治癒方法の実現や、ある地域の平和など、利他的なアイテムも見られるようになった。それは、各人の死に対する感覚や、一人の人間が己の命と引き換えに何をなすか、あるいは、一人の人間が一生かかっても実現できないと思うことは何か、ということの表現となった。

また、別の側面として、妥当さというのも評価に加わった。妥当さというのは、例えば金銭でいうなら、「1/128の確率で死ぬかもしれないが1兆円を得られるというのは、いくらなんでも都合のいい話で、そんなうまい話はない」というとらえ方である。カードを発行するのはプレイヤーなので何を書くかは自由であるが、同時に、そこまであなたの命に価値はないのではないかという見方もできる。金額であれば、生涯年収を250万ドル程度とすると、1/2や1/4の確率に対して500万ドル程度(5億円程度)が節度のある金額ではないか、ということである。

また、命に対しての感覚として、1/2の確率で10万ドルでも別に構わない、というプレイヤーもいて、これも価値観がよく表現されているものとなる。

前述の通り、また後述する通り、ゲームを攻略するプレイヤーとしてデッキをそろえたり、チームのエースとなれるのはごく一部のプレイヤーであるが、デッキをそろえることを目的とせずにただカードを発行して交換するプレイヤーも多く存在している。

最も人気のあるカードの一つに、「もち」がある。これは、1/128の確率のカードで、一生涯「もち」を食べ続ける権利というものである。もちは、日本において、毎年1000人以上が窒息して死亡する食品であるが、基本的に人生というのは、自分の責任においてリスクをとって好きなことをする自由があり、年を取ろうが体が弱ろうが、その精神は他人に規制されるものではないということが表現されており、高い人気がある。

カードの交換、カードの登記、デッキ - カードゲーム - ゲームのルール - ゲームの箱 - W███████a

ゲームの箱

ゲームのルール

カードゲーム

カードの交換

カードは、単純譲渡が認められておらず、必ず交換によって所有者が変更されなければならない。交換は、確率の合計値が同一でなければならない。例えば、確率1/2のカード一枚と1/4のカード一枚を交換することはできず、1/4のカードであれば2枚と交換しなければいけない。また、前述の通り、同一のユーザーに同一のカードを発行と同時に交換することはできない。後述するが、このルールにより、「デッキ」の構築には戦略が必要となる。

カードの登記

カードは発行時の交換も含む交換時に、登記を行う必要がある。登記は以下のウェブサイトで行う。

████████████

発行時の登記に必要な情報は、発行者のID、アイテム名、規定の確率、通し番号、添付された1ドル紙幣のシリアルナンバー、譲渡された新所有者のIDである。

所有者変更時の登記に必要な情報は、添付された1ドル紙幣のシリアルナンバー、譲渡された新所有者のIDである。

デッキ

カードゲームにおいて、プレイヤーが初めに目標とするのは、デッキの構築である。デッキがそろった状態とは、1/2から、1/128までの7枚のカードが一枚ずつそろった状態のことをいい、ルール上、1/128は2枚となるため、計8枚のカードとなる。

デッキの構築の戦略については概要を後述するが、このゲームでは、確率の同じカードを交換するよりも、確率の違うカードを交換する方が難度が高い。また、発行時の交換のほうが、セカンドユーザー以降のカードの交換よりも、難度が高い。

カード裏面 - カードゲーム - ゲームのルール - ゲームの箱 - W███████a

ゲームの箱

ゲームのルール

カードゲーム

カード裏面

カード裏面に記載、添付される要素は以下のとおりである。

  • 日付、譲渡されたプレイヤーのID
  • 添付された1ドル紙幣のシリアルナンバー
  • 1ドル紙幣(添付)

日付、譲渡されたプレイヤーのID

カード裏面には、譲渡されたプレイヤーIDを入手した日付と合わせて一行に記載する。所有者が変わるたびに、一行追加される。

添付された1ドル紙幣のシリアルナンバー、1ドル紙幣(添付)

カードの偽造を防止するため、カードには1ドル紙幣が添付され、そのシリアルナンバーが記載される。多くのカードでは1ドル紙幣はセロハンテープで適当に張り付けられている。

カード表面 - カードゲーム - ゲームのルール - ゲームの箱 - W███████a

ゲームの箱

ゲームのルール

カードゲーム

カード表面

カード表面に記載しなければいけない要素は、以下の通りである。

  • それを得られるなら既定の確率で死んでも良いもの(アイテム)
  • カードの発行ID(スラッシュ)前項の確率の逆数
  • プレイヤーID

それを得られるなら既定の確率で死んでも良いもの(アイテム)

それと引き明けにある確率で死ぬ可能性があるが、それを受け入れるならば得られるという仮定のものであり、アイテムと呼ばれる。以降、アイテムと表記する。明記する必要のないことかもしれないが、これはあくまで思考実験であり、このカードを作成することでなんらかの超自然的な方法で命を落とすということはない。1/128の確率で死ぬかもしれないが1億円が貰えるなら受け入れるとする場合、1億円がアイテムとなり、1/128が確率となる。得られるアイテムは、死ななければ受け取れるのではなく、常に受け取れるという仮定である。

死亡の定義については、苦痛なく認識のないままに一瞬で死ぬとした場合それ自体が報酬となりうるため、死に方は予定されない。何らかの原因、方法で死亡すると仮定する。長期間にわたり拷問を受けるなどの状態ではなく、交通事故や病気などの一般的な死に方を仮定するが、苦痛が免除されているわけではない。

前項の確率の逆数

既定の確率は、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、1/128が設定されている。そのため、スラッシュの後には、その逆数である、2、4、8、16、32、64、128を記載する。発行可能なカードの数はこの数字になるため、発行順に通し番号をつける。したがって、1/4の確率のカードの3枚目の場合は、3/4という表記になる。

プレイヤーID

「カードゲーム」に参加するユーザーは、カード発行の有無にかかわらず、IDの登録が必要である。このIDを記載する。

カードゲーム - ゲームのルール - ゲームの箱 - W███████a

ゲームの箱

ゲームのルール

カードゲーム

最も活発に活動があるゲームの一つが、「カードゲーム」と呼ばれるゲームである。正確にはゲームの名称は「カード」であるが、使用するカードとの表現の切り分けが難しいため、一般には「カードゲーム」と言われる。カードはプレイヤーが発行する。カードゲームでプレイヤーが初めに行うことは、デッキを揃えることである。プレイヤーとして結果が表れるのは個人であるが、ルールの制約により、実際には多くのプレイヤーはチームでゲームに参加している。これは、ツールドフランスのようなロードレースに似ている。

カードの発行方法

カードはプレイヤーが発行する。カード自体は、一般的なトレーディングカードと同様のサイズで、63mm×88mmである。カードのサイズは、「人のルール」の代表例で、プレイヤーの一人である、█████氏が決定権を獲得して決定した。カードは、プレイヤー1人が1種類のみ発行でき、発行できる枚数は後述する、「既定の確率の逆数」となる。

カードの発行は、プレイヤーがそのカードを作成した時点ではなく、後述する「交換」によって別の所有者に所有権が移った時点で完了する。したがって、一枚のカードを「発行」するには二人のプレイヤーが必要である。カードの単純譲渡は認められておらず、必ずルールにのっとった「交換」によって所有権を移動しなければならない。その際には同時に「登記」が必要となる。また、同一のプレイヤーに同一のカードを発行と同時に交換することはできない。

カードのデザイン

カードには、記載しなければいけない内容が定義されているが、その表現方法及びデザインは自由である。手書きのカードから、高品質な印刷で金属に印刷されたカードまで様々なカードが作成されているが、ルールにのっとって作成されたものは同様に有効となる。

カードのサイズ、材質

カードのサイズは、63mm×88mmであり、厚みは最大1.2mmまでとされている。材質は自由。ただし、当然ではあるがその国の法律に制限を受けるため、純金や、放射性物質、動物の死体などで作成した場合、移動に制限を受ける可能性がある。

陣営 - ゲームのルール - ゲームの箱 - W███████a

ゲームの箱

ゲームのルール

陣営

プレイヤーは二つの陣営に分かれる。これは箱のルールである。陣営は保守と革新と呼ばれるが、これはゲームの箱が明示した名称ではなく、プレイヤー間で自然発生的に生まれた呼称である。

プレイヤーは、自分がどちらの陣営に属しているかわからない。プレイヤーがどちらの陣営に属しているか分からないということは、以下の二つの可能性がある。

  1. 陣営が設定されているが認識できない
  2. 陣営が未確定である

また、陣営が設定されているが認識できない場合でも、以下の可能性がある。

  1. 陣営はプレイ開始時点で設定される
  2. 陣営はプレイの途中で設定される

また、それぞれ以下の可能性がある。さらに、陣営ごとにルールが違う可能性がある。

  1. 陣営は固定的で、一度設定されると変更できない
  2. 陣営は変更される可能性がある
この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。