ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

人が人を好きになるということは、いかに理不尽なことかということを述べる。

彼女は、ある新興宗教の団体で働いていた。働いていたというのも不思議な表現だけれど、ある程度のサイズの団体は、普通の企業と同じ仕組みで動いている。経理や総務や法務があり、そのプロフェッショナルがいたり、素人の信者がいたりする。

僕の初恋は小学校で、多分僕はそれを忘れることはない。その女の子は僕より背が高く、頭が良く、頭がいいだけではなく成績もちゃんと良くて、運動もできて、(大人になってから写真を見たら横の女の子の方が遥かに美しかったけれども、それでも当時の僕の価値観では)美しくて、僕はその子の全てが好きだった。苗字と名前までかっこよかった。お勧めの本も、当時の僕には難しいくらいの文学だった。それは恋であると同時に崇拝でもある。僕は、長いこと、人が人を好きになるというのはそういうことだと思っていた。

宗教団体で働いていた彼女は、まったくそうではない。まず、あまり仕事ができない。上司の指示を十分に理解できていないし、ミスを繰り返す。クソみたいな仕事ぶりなのに、一丁前みたいな口振りで仕事を語る。「あー、もうこんな時間だよ」みたいな独り言を言う。横で聞いていて、『うるせえお前の意見なんて聞いてないからとっとと手を動かせよ』、と思う。期限を守れない。本人のいないところで同僚から陰口を叩かれているんだけれど、全く擁護できない。彼女のそういう一つ一つの特性、そのうちの一つを持っていただけで、僕は過去に人を全力で嫌ったことがあるし、それらを好ましいと感じるわけではない。でも、そういう点も全て含めて、僕は彼女が大好きだ。ダメなところが好きなのではなくて、ダメなところは純粋にダメなんだけれど、それも彼女の一部なのでそれも含めて全てが好きなのだ。ダメなところしか述べていないのでフォローすると、顔は、美人ではないけれど醜くはない。声は、美しくはないけれど耳障りではない。小柄で、スタイルはあまり良くはない。あまりフォローになっていないけれど、仕方がない。苗字も名前も、なんというかコミカルだ。でも、僕はその苗字は結構好きだ。

彼女は本が好きだったので、お勧めの本を教えてもらった。僕と彼女はその時それほど親しくはなかったので、多分オールタイムベストでなくて最近の中で人に言っても良いものだったんだろうけれど、比較的エンターテイメントだった。比較的猟奇的でもあったので、あまり親しくない人にお勧めするのに適切という訳ではない気もするけれど、まあ多分オールタイムベストではないと思う。それを踏まえても、なんというか、人生を変える物語というわけではなかった。そこそこ面白かったけれど、初恋の女の子が小学校のときに勧めてくれた本のような、深淵を覗き込むような本ではなかった。かといって、エンターテイメントとして珠玉ということでもなく、Amazonでもあまり評価は高くなかった。ひどい言いようだと思う。でも、僕が言いたいのは、そういうところも含めて、大好きなのだということだ。そういうのって、本当に理不尽だ。

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。