ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

そんな訳で、僕が画商になったのは本当に偶然だった。

そんな訳で、僕が画商になったのは本当に偶然だった。どうしてもなりたくてやっとなったわけではない。たまたまロンドンを旅行しているときにイギリス人の画家の女の子に恋をして、その頃、ロンドンには寂しいからAIDSをもらうというクレイジーな文化があり、彼女もばっちりAIDSだったので僕は肉体的な関係は持たなかったんだけど、僕は彼女の全てが本当に素晴らしいと思ったので何か彼女の痕跡が欲しいと思い、たまたまそこそこ現金があったので、彼女の作品を大量に買った。彼女の絵が素晴らしいと思ったわけではない。まあ、凡庸な絵だと思った。僕は海外旅行の大半を美術館で過ごす程度には絵を見るのが好きで、彼女の作品がそういう世界に入るものではないというのは明らかだった。僕が彼女のことを大好きになってしまったポイントというのは彼女自身であり、なんというかこじらせてしまっている愛らしさであり、一生懸命生きているところであり、多分そのうち死んでしまうんだろうなというところであり、絵ではなかった。でも、それらの絵は彼女のその時の全てだったので、僕はそれを欲しいと思ったのだった。

日本に帰ってしばらく経ち、彼女が死んだというのをニュースで見た。彼女はニュースになるほどの画家ではなかったんだけどなと思ったけれども、僕の知らないどこかの一般に影響力のあるアメリカ人が彼女の絵をメディアで紹介し、突然認知度が上がって同時に死んだみたいだった。絵は基本的に投機の対象だから、作者が死んで初めてちゃんとした値段がつき始める。僕は勢いで絵を買ったものの正直もてあましていたので、大半を手放すことにした。ルーブルに飾られるべき絵ではないにしろ、金持ちの家に気軽に飾るには悪くない絵ではあるし、彼女も本望だろうと思った。

そんなことをしていたら、手元に置いておきたい数枚を残してあらかた片付く頃には、コレクターの中では絵を見る目のある人ということになり、若い画家の中では絵を評価されたい対象になり、僕は仕事なんて何でもいいと思っていたので、なし崩し的に画商になることになった。人生というのは本当に分からない。

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。