ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

Table 2. エーテルの比較

一般的なエーテルと『ラボ』のエーテルについてTable 2で比較する.

Table 2. エーテルの比較
 公開されているエーテル『ラボ』のエーテル
ライセンスOSS(ディストリビューションにより違いがある)アメリカ合衆国軍事機密
インプット筋肉の電圧をセンサで取得する(手首を切断して)神経から取得する
フィードバック電気的なフィードバック(手首を切断して)神経にフィードバックする
インストー HMDやフィードバックグローブを併用して学習を行う。取得したデータを深層学習で学習する。
フィジカルな適性があるため、校正の回数には個人差があり、精度に不満があれば随時学習をやり直すことができる。
手首を切断するという不可逆な施術を行うため、手首を切断する前に十分なデータを取得する。その際は、公開されているエーテル同様、補助的なデバイスの併用も行う。
公開されているエーテルとは違い、手首切断後に同一の学習を行い精度を上げることはできないが、インストールが成功していれば、手首切断後の接続では、神経接続から直接校正を行うことができる。したがって、神経接続のみで校正が行えるかどうかがインストール成功の目安となる。
デコーダ インプットされた電気信号が何を意図していたのかをデコードする。学習済みデータを使用するため、計算量は学習と比較して小さい。
ネットワーク プロトコルは同一。イーサネット同様、閉鎖網も構築できる。異なるバージョンのエーテルも混合して接続可能。
この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。