読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

川久保大道 - W███████a

川久保大道

川久保大道(かわくぼ ひろみち、****年**月**日 - )は、日本出身、アメリカ国籍のロボット製作者。ロボット制御インターフェース「エーテル」を開発したことで知られる。N█SA所属。

来歴

東京都出身。父親は会社員だったが古い車やオートバイを趣味としており、自宅に金属加工の機械や素材が揃う工場のような環境で生まれ育った。中学校に入るころになるとかなり本格的なロボットを作るようになったが、本人は毎回、幼稚な出来だと謙遜していた。ある時、課題は動作の制御にあると考え、制御用のプログラム言語を実装する。川久保が通っていた電子パーツショップの店員を通じ、センサの開発会社の開発者に話が届き、川久保はセンサ開発会社と契約を結んだ。この言語は軽量で、非常に汎用性が高く、当時の産業用ロボットメーカーが抱えていた問題をクリアする画期的なものだったため、ロボット制御で広く使われることとなった。

川久保の興味は制御インターフェースへと広がり、「エーテル」への開発へと繋がった。 詳細は「エーテル」を参照。 エーテルについては、センサ開発会社と相談の結果、OSSとして公開された。これは、センサ開発会社の担当者がその可能性を高く評価し、一社で抱え込むべきではないと判断したためで、結果として広く利用されることになり、エーテルに対応したセンサの売り上げにも貢献した。

川久保の才能は周囲の多くの人物が高く評価していたが、特に日本の社会制度では単なる趣味の枠を超えるものではなく、企業からヘッドハンティングされたりビジネスを興すことはなく大学へ進学し、その後大学院へ進学した。しかし、後述の出来事により、大学院を退学し、アメリカへ移住、アメリカ国籍を取得することとなる。

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。