ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

私の知っていた事実は何もかも正しくて、私の推測は何もかも違っていた。

すごい、すごい、すごい。私の知っていた事実は何もかも正しくて、私の推測は何もかも違っていた。すごい、すごい、すごい、すごい。私は、私のロッカーからジッパーバッグに入った血まみれの私のカッターナイフと1つのウサギの耳を見つけた時に、一言も交わしていないのに彼女と何時間も話したような気になった。これを脂肪肝の担任教師が見つけたら、特に何も考えずに私がやったと思うだろう。父はどうか。疑わない。一切の疑問の余地なく、私がやったと確信する。まさにおととい、██ミアン・██ーストの作品が届いたし、██ルマン・██ッチェを見に行く航空機のチケットを予約してもらったもの。
それでも、犯人がわかっていなければ、たとえ最終的に私がやったことになるにしても、私は声を上げたかもしれない。私の好奇心は私の自尊心よりはるかに強い。でも、彼女がやったと私は分かっているのだ。ウサギを殺して、死肉をそれっぽくレイアウトして、私のロッカーにカッターナイフと一つの耳を入れたのは彼女だ。
何のために? これは、彼女の快楽のために行われたことではない。彼女は目的があって、これを行ったのだ。おそらく解体は、カッターナイフでは行っていない。こんなぺらぺらの刃では9匹のウサギを分解することはできない。私のために、猟奇的な犯人の記念品としての一つの耳と一緒に私のカッターナイフを入れたのだ。実際には何を使ったのか。普通に考えたら包丁だろう。それを使って、彼女は私を刺すこともできたんじゃないか。しかし私は、彼女とほとんど関わりがない。彼女の目的は何なんだろう。 私がまず考えるべきは彼女の目的ではなく、私が今何をすべきかだった。金切り声を上げるとか、泣き出すとか、失神するとか。それに気づいたのは、私の後ろでフォアグラがそれを一通り行ってからだった。

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。