読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルシリアスゲーム: 2rot13

Social Serious Game: 2rot13 この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ソーシャルシリアスゲーム

およそそあらゆる僕が悩んできたことや考えていることの全ては、文書になって、ともすれば著名な書籍になっているし、それは何度も繰り返される。素晴らしい物語というのは永遠であってもいい気がするけれど、そうではないのは時代性というものだろう。例えば僕は、人が宇宙に出る以前の知性には本質的には共感することができない。「死に至る病とは絶望である」なんていかにもその通りなんけれども、オチは宗教による救いであって僕の知りたいことではない。だから、100年語り継がれる名作と比較したら作りこみが浅くて出来がいまひとつな物語も、常に作り続けられて常に需要がある。例えば、イノベーションマーケティングについて原著で読むべき書籍は何冊かあるけれども、イノベーションマーケティングという言葉をパワーポイントに書いている人の95パーセントは読んでいない。それは、英語が読めないとか、字が沢山ある本が読めないといった残念な理由もあるんだけれども、本質的な原因は自分が必要としている情報以外の部分が多すぎるということだろう。自分が直面している問題以外の話が多すぎて、コストパフォーマンスがあまりに悪い。論を理解するのに全部読まなくてはいけないのはその通りなんだけれども、物事には適切な比率というものがあって時代が変わるとその比率というのが変わってしまう。わざわざ論じられるまでもなく明らかなことが増える。だから、実際には全くピントがずれている、図解されたムックをコンビニで買うのも、ただ頭が弱いというだけではない。実用書であってもそうなのだから、草枕が素晴らしい作品だというのは疑いの余地はないけれども、ティーンエイジャーがLTEを通じて共感するというのはなかなか困難だというのは想像に難くない。

物語。僕は意図的に、物語と物語ではない書籍を混同した。思うに、絶望みたいなあまりに当たり前なテーマというのは、それ自体では文書化に耐えることができない。もちろん論文にもならない。現代哲学のテーマにもならない。人生の無意味さであったり、死に至る病としての絶望というのは、今のところ僕は納得できる結論を見た事がないんだけれども、そういうのは多分当たり前すぎて現代哲学では論じられない。当たり前すぎて論じられないものは、こっそりと物語の中で語られる。物語の中では、当たり前すぎる問いも許されるし、無意味な問いも許される。だから物語はなくならない。

実際のところ、そういう無意味さによる絶望というのには、哲学が名前をつけてくれればいいのにと思う。でも、問いというのは解が伴わなければ新しい論として評価を受けることはないし、解はきっとないのだから出ているものは宗教であったり、信仰であったり、およそ最悪に間違っている。永劫回帰なんて大げさな思考実験は、それこそコストパフォーマンスが悪くて、そんな仮定をしなくても宇宙から地球を見ればあらゆるるものの無意味さは明らかだ。だから、そういう無意味さとそのことによる絶望について、僕が名前をつけようと思う。その言葉は、解を内包しない。

それは、オープンフィールドのゲームのように、昔のRPGのようなゴールはないので終わりがない。あまりにありきたりで誰も真剣に扱わないけれども、実際には何よりもシリアスな問題だ。我々は人間だから、ソーシャルなつながりなしには進めることができない。

それは、ソーシャルシリアスゲーム

「フェネックやめるのだ!」って、ターちゃんだと思ってた。ジャングルだし。

フェネックやめるのだ!」って、ターちゃんだと思ってた。ジャングルだし。誰でも考えそうだなと思って検索したけれど、意外に見つからなかった。世代なんだろうか。そうでもないような気がするけれど。

僕の本棚には馬鹿みたいに沢山の本が並んでいて、それでもそれはあらゆる本の中のごくごく一部でしかない。大変な数の本が毎日発行されて、その総数はずっと増え続ける。ほとんどは、暇つぶしや、幻想の共有や、現実逃避や、一瞬の知識欲の充足や、そういったものの為に印刷され、読む人の時間を消費する。情報は印刷物だけではなくて、映像や、ブログや、ニュース記事や、ありとあらゆるところで新しく共有される。僕は、今日一日で清算された全ての情報を、一生かけても通して読むことはできない。そういうのは、スノーボードやサーフィンと似ている。

スノーボードやサーフィンのコツは、外部の力で自分がある方向に移動していて、自分はその大きな力に、ほんの少し小さな力を加えることができるに過ぎないと理解することだ。完全にコントロールすることはできないということを受け入れることだ。空手や、柔道や、登山や、ボルダリングや、球技や、射撃とは全く違う。大きな力に、ほんの少し自分の力を加えて、方向をコントロールする。そこには、自分では出力することのできない力による楽しさがあり、同時に無力感がある。

世界はあまりに広くて、人はあまりに多い。多分、僕は、どこか地方都市にちょっとした家を建てて、趣味の部屋を作っていろいろ集めながら年をとって死ぬのが幸せなんだろう。或いは、どこかの島で、自給自足で暮らしながら一生を終えるのが幸せなんだろう。そういう、箱庭みたいな自分の正しいと思う閉じた世界を作って一生を終えるのが適切な生き方なんだろう。

でも僕は、今欲しいと思っているものも、手に入れたら価値を感じないということを知っている。だから僕は、たとえ適切ではなくても、自分の箱庭にものを集めて整理して生きて死ぬということを受け入れない。

さよなら平和

川久保大道

原子力発電所メルトダウン

****年*月、████大震災により、██████第一原子力発電所1号機がメルトダウンした。その後しばらく経過してから、人間が立ち入ることのできない設備に対しロボットが投入されたが、有意な結果をあげることができなかった。このことについて、川久保は友人にこう語っている。

「原子炉がメルトダウンした。その時AS█M█(█シモ)は出動しなかった。本█宗一█が見たらなんというだろう。利益だけ追うのも人生だし、ニートだって人生だ。他人がどうあろうと他人のことだ。しかし、本█宗一█がこれを見たらなんというだろうね。この国の研究者は、開発者は、これを見ても何も思わないんだ。エンターテイメント、基礎研究、なんでもいい、彼らにはそうする自由がある。そして、僕には落胆する自由がある。

基礎研究が重要であることは理解している。コマーシャルやエンターテイメントが大切なことは理解している。子供に夢を見せるなら、それで十分だ。でも、子供が何か新しいものを作り上げるまで夢を見せ続けられるのは、何かのために本気で作られたものだけだ。動く看板に興味はない。動く看板が見たければ、床屋か、かに██にいけばいい。

結局、人間が本気になるのは戦争の時だけだ」

渡米、アメリカへの帰化

論文のオーサーシップの問題と、震災の二つの出来事をきっかけとして、川久保は渡米を決意した。川久保は、科学と平和を何より愛していたが、その二つを捨て、当初、アメリカ軍の研究機関と交渉を行ったとされる。しかし、最終的にはN█SAに、研究者としての採用となった。ただし、研究の成果の一般への発表は行われておらず、雇用契約の詳細も公開されていない。

広告を非表示にする

さよなら科学

川久保大道

大学院退学と、アメリカ移住

川久保が大学院を退学し、アメリカへ移住するきっかけとなったのは、二つの出来事による。

論文のオーサーシップ

川久保は研究室で、エーテルを中心としたインターフェースの研究を行っていた。川久保はその分野においては、その時点で少なくとも国内の頂点の一角だったが、当時川久保は単なる博士課程の学生で、当然博士の学位も未取得であり、既存の研究室への参加とはいえ自分の研究を行うのは██大学においては特例といえる待遇だった。

研究を論文としてまとめ、科学誌に投稿する直前、責任著者となっている研究室の教授から、新任の准教授を著者に加えるという指示が行われた。准教授は執筆に関わっておらず、完全にギフトオーサーシップの事例である。
オーサーシップの問題は、現在でも、不正としての順位が低い。一般に、最も問題とされるのが、捏造・改竄で、次が剽窃・複製・二重投稿であり、最後にオーサーシップの問題となる。これは、様々な不正行為が明るみになり、対応が進められている現在でも変わりはない。
川久保は、オーサーシップは科学が成立する為に最も重要であると考えていた。人間の行為には、そもそも、間違いが起こりうる。科学はそれを前提としていて、その為に論文として発表して多くの目に触れて検証されることで、主張に価値が生まれる。その為には、その論文が誰の責任で書かれたのか、誰がその内容を検証したのかということが明らかになっていなければやり取りのしようがなく、オーサーシップが適切でなければ、捏造や改竄の検証のしようもない。したがって、オーサーシップに関する不正は、捏造・改竄、剽窃・複製・二重投稿よりもはるかに重要度の高い問題であると考えていた。

当然、川久保は全く研究に加わっていない准教授を著者に加えることを拒否した。しかし、少なくとも██大学においてはそれは非常識な行為であったため、その結果、一旦投稿は見送られることになった。川久保は、不正を大学内のコンプライアンス窓口に告発したが、前述の通りオーサーシップに関する不正は重要度が低く、また、大学内ではそれがまかり通ってきた歴史があるため、全く対応はなかった。

██大学に限らず、そして国内だけに限らず、オーサーシップに関する不正は広く行われている。しかし、オーサーシップに関する不正は、扱いが低く、一向に改善されることがない。これは、あまりに蔓延しているため、誰も指摘できない状態にあるためである。川久保を支持する、一部の職員の手引きにより、川久保は教授会に忍び込み、「こんなことが許されるなら、科学の世界は、誰が書いたのか分からない、再現するかどうか分からない文章を参照しあう、2██(インターネットの掲示板)以下のクソだ」と叫び、停学処分となった。

広告を非表示にする

川久保大道 - W███████a

川久保大道

川久保大道(かわくぼ ひろみち、****年**月**日 - )は、日本出身、アメリカ国籍のロボット製作者。ロボット制御インターフェース「エーテル」を開発したことで知られる。N█SA所属。

来歴

東京都出身。父親は会社員だったが古い車やオートバイを趣味としており、自宅に金属加工の機械や素材が揃う工場のような環境で生まれ育った。中学校に入るころになるとかなり本格的なロボットを作るようになったが、本人は毎回、幼稚な出来だと謙遜していた。ある時、課題は動作の制御にあると考え、制御用のプログラム言語を実装する。川久保が通っていた電子パーツショップの店員を通じ、センサの開発会社の開発者に話が届き、川久保はセンサ開発会社と契約を結んだ。この言語は軽量で、非常に汎用性が高く、当時の産業用ロボットメーカーが抱えていた問題をクリアする画期的なものだったため、ロボット制御で広く使われることとなった。

川久保の興味は制御インターフェースへと広がり、「エーテル」への開発へと繋がった。 詳細は「エーテル」を参照。 エーテルについては、センサ開発会社と相談の結果、OSSとして公開された。これは、センサ開発会社の担当者がその可能性を高く評価し、一社で抱え込むべきではないと判断したためで、結果として広く利用されることになり、エーテルに対応したセンサの売り上げにも貢献した。

川久保の才能は周囲の多くの人物が高く評価していたが、特に日本の社会制度では単なる趣味の枠を超えるものではなく、企業からヘッドハンティングされたりビジネスを興すことはなく大学へ進学し、その後大学院へ進学した。しかし、後述の出来事により、大学院を退学し、アメリカへ移住、アメリカ国籍を取得することとなる。

性同一性障害と解離性同一性障害、障害がフィクションに登場すること、尊重と好奇心

私が今まで目にした最も不毛な議論は、プロジェクトマネジメントの現場ではなく、グランドセントラルステーション近くのカフェで行われていた。カフェといってもスターバックスではなくて、フランス語のメニューが出る、安全で、快適で、ほとんど会員制の店で、値段も高い。

1人はおそらくフィジカルには男性でメンタルは女性の性同一性障害のアメリカ人で、もう1人はおそらくフィジカルには男性でそれが元々の人格なのかどうか分からないけれどその時に出ていた人格は女性の解離性同一性障害のカナダ人だった。二人は若く、おそらく親がリッチで、それも小さい事業を運営しているレベルのリッチではなくて会社を上場かバイアウトしたレベルのスーパーリッチで、私は解離性同一性障害のリッチピープルの会話を耳にするのは初めてだったので興味深く、頑張って聞き取りをした。

二人はトイレについて議論していた。

そもそも、解離性同一性障害というのが相当にヘビーなので気付かなかったのだが、解離性同一性障害の場合、それぞれ人格は年齢はまちまちで男性だったり女性だったりするわけで、それに対して肉体の性は固定されているから、当然、不一致が発生するわけだ。更には、それぞれの人格で国籍が違う可能性もある。そもそも国籍というのは自分で決めるものではなくてルールによって定義されるものだから、人格によって国籍が違うというのはナンセンスではあるけれど、主観的にドイツで生まれてドイツで育った人格であればドイツ人になるのだろう。しかしカナダ人はカナダ人だったようだ。

アメリカ人は、解離性同一性障害の人間とディスカッションするのが適切なことなのかどうか悩んでいたようだが、フィジカルな性に人格の性をあわせるということを性同一性障害の「治療」として行われた経緯があるようで、人格を統合するという「治療」が必ずしも正しいとは限らないと考えていた。それぞれの人格にも人権があると考えており、その人格が扱われたいように扱われるのが正しいと思っているようだった。自分が困っているか周りが困っているというのが、精神医学における障害の前提であるというのが自分の理解だが、資本主義国で親がスーパーリッチだと、かなりの範囲で生活に支障をきたすことがない。したがって、ただの人格がいくつかある障害ではない人という判断もありうる。基本的に現在の医学の考えと近いと思うし、性同一性障害の治療の歴史をかんがみるに、現代医学の標準を必ずしも前提としないという点にも合理性はある。しかし、扱われたいように扱われるというのは、自分がドイツ人だと思い込んでいたらどうなんだろうとか、自分がアメリカ合衆国大統領だと思い込んでいたらどうなんだろうとか疑問が尽きないが、残念ながらそのケースではなかったので意見を聞くことはできなかった。

二人の議論はトイレについてだったが、内容については凡庸で、要はフィジカルとメンタルの性が違うことによる問題だった。私の感覚としては、それは社会のリソースの問題で、例えば山の中だったら男女も何もなくその辺でして埋めるわけだし、一つしか設置できないなら当然共同だし、ホテルのように空間と予算が潤沢なら個人ごとに個室があるわけだし、それだけのことだからどうでもいい。そのケースで言えば、トイレより、刑務所とか強制収容所などのほうがよほど問題だと思うんだけれども、二人の生活にはそれらは含まれていなかった。それはともかく、私の興味は、議論の内容よりも、議論の不毛さと性同一性障害のアメリカ人の葛藤にあった。

解離性同一性障害のカナダ人は定期的に小さな嘘をつくし、様々な事実の認識が間違っている。親がスーパーリッチなので、一般的な感覚からすると更に乖離がある。自分に不利になると突然フランス語で話し始めたり、だまったりしてしまう。こういうのは、地球が平面だと考えている人と議論するのとは別の方向性での不毛さがある。しかし、これまでの人生で、尊重されたいと感じていた性同一性障害のアメリカ人としては、相手を尊重すべきだと考え、忍耐強く話していた。もちろん結論は出ない。

他人の障害について興味を持つというのはただの好奇心で、障害を持っている人にとっては正しい態度ではないだろう。私は話しかけることはなかったけれども、解離性同一性障害の人に興味本位で質問をするのは、ひどい皮膚病の人を棒で突っつくようなものだ。ただし、この点については現代社会においては単にライセンスの問題なので、もっと突っ込んだことをしたくなったらドクターのライセンスを取ればいい。精神の自由は絶対である。私は以前、メンタルが男性の性同一性障害の知人が、性同一性障害がフィクションに登場するのが不快だから止めさせたい、尊重されたいと言ってきたので、私は女性なので、女性がフィクションに登場するのを止めさせたいですね、尊重されたいですねと答えたことがある。歴史的経緯で言えば、女性は性同一性障害と同じような偏見と差別の歴史を経ているし、その友人はなんせ人権大国の富裕層で見た目はほとんど男性だったから、アフリカの一般的な女性と比較したらよほど自由なのだ。しかしそれでも、彼は尊重されたいと思っていた。だから、この不毛なやり取りの中で、性同一性障害のアメリカ人が解離性同一性障害のカナダ人を尊重しなければいけないと思って会話を続ける心情には十分に理解ができた。

完全に結論に貢献するつもりがなくて場を混乱させるためだけに参加している人と議論することや、事実の確認の程度が違う状態で議論することや、「こういう前提でこういう目的で、さて正解はなんだろう」という問いに「正解はないんじゃないか」というコメントがついてそれはそうだろうけど言いたいのはそうじゃないんだよなと思って「どうすれば最も良いだろうか」と言い直すことが不毛なのだと思っていたけれども、それはあまりにもラティチュードの狭い世界での不毛さで、人間全体での議論というのはこういうものだと思った。全く話がかみ合わないし、有益な気づきはないし、今後参照すべき何らかの小さな結論も出ない。でも、これがこの世界だ。一部の人間がどれだけ努力して、事実を調査して、関係性を精査して、あるべき姿を考えて、客観的な意見を出したとしても、これがコミュニケーションだ。何かの奇跡でなんとか相手と話が通じて、価値のある結論が出たとしても、自分と相手はそのうち死ぬし、世界の大半はそれ以外の人間なのだ。不毛。多分、これまでの歴史で散々言い尽くされていて、それでも新たな発見として到来する不毛。Wolfskehl Prizeはフェルマーの最終定理の証明者に与えられるが、私は誰かがこの不毛を解決してくれるなら、その一万倍を支払っても構わないとすら思う。

血液脳関門と感覚脳関門、古代人類と現代人類、アルコールと抗うつ薬、芸術と

「芸術の頂点ともいえる君にこんなことを質問するのは、失礼なのかふさわしいのかわからないけれど」

確かに、ある意味では頂点だったのかもしれませんね。

「だった」

目が見えなくなるまでは。今は何の価値もないただの美しい女性ですよ。

「人間の価値については哲学なのでなんともいえないので割愛するけど、ちなみに、全く絵は描けないの?」

私の作風は、技巧を尽くすスタイルなので。キース・ヘリングの様なスタイルだったら、或いはトレーニング次第でどうにかなったのかもしれません。

「なるほど。じゃあ、キース・ヘリングの様なスタイルだったら、僕はこうして君に会いにに来ることはなかっただろうね。それはともかく、」

質問

「そう。芸術とは何だと思う?」

芸術とは。もちろん私の中に答えはありますが、哲学なので、きっとあなたの持っている答えとは違うんでしょうね。だから割愛します。あなたの持っている答えは、おそらく科学的なものです。話を進めてください。

「君は極めて頭が良いので、この件が片付いたら何か新しいことを始めるといいよ。その通り。我々の『芸術』には、科学的な定義がある。それは、感覚における脳の関門をハックするものだ」

「血液と、脳の組織液の間には、血液脳関門という関門がある。これは、血液から脳に想定外の物質が運ばれることを制限するためのものだ。通過できるものは、例えば脳のエネルギー源であるグルコースだ。関門は、コンピュータネットワークにおけるファイアウォールのようなものだね」

「しかし、ファイアウォールと同様、適切ではないのに通過してしまう物質もある。例えばアルコール。これは、古代人類が行ったハッキングといっていいね。現代人類が行ったハッキングは、例えば抗うつ薬だ」

「あらゆる感覚についても、同様に、ファイアウォールが存在する。これを感覚脳関門と呼ぼう。芸術は、アルコールと同じように、感覚脳関門を通過する。そして、アルコールと同じように、脳に影響を与える。といっても、アルコールとは違ってほんの少しだ。もっと露骨な、バグといってもいいレベルのものが、てんかんだ。てんかんはまさに、ニューロンがクラッシュする訳だからね。君の偏頭痛の薬は、マ████だよね。閃輝暗点は?」

ありますね。

「君の頭の中の血管が異常に収縮し、異常に拡張しすることで君の視覚に異常が発生し、偏頭痛が起こる。血管の収縮と拡張という非常に物理的な原因で、存在しないものが見えるわけだ。もっとも、これらは人間が意図的に行ったクラックではない。てんかんと同じように、バグだよね。ハッキングに話を戻すと、アルコールと同様、古代人類が関門をクラックしたのが、芸術だ。芸術もアルコール同様、いまでも作られている」

「さて、血液脳関門は、古代人類がアルコールでハックし、現代人類が抗うつ薬でハックした。そして、感覚脳関門は、古代から人類が芸術でハックしていたわけだけれども、」

同じように

「そう。同じように、現代人類、つまり我々のラボでは、感覚脳関門をハックすることに成功している」

この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには関係ありません。